top of page

建設業向け
経費精算処理DXサービス

経費精算の

「申請・承認・領収書保管・入力」

​が電子でラクラク完了 

Group 259.png
経費精算画面.png

多数の建設会社様にご契約いただいております
​ご契約企業様例(一部抜粋)

導入都道府県数_花輪_circle_DB_46.png
240712_PC.jpg

※Digital Billderシリーズでの導入事例となります。

とは

建設業向けに特化した経費精算処理業務DXサービスです。
社員からの領収書の受領・承認・保管までが本サービス上で完結し、
領収書の移動や整理・入力作業などがなくなります。

​導入のメリット
3つの自動化

01. 経費精算用の領収書の移動を自動化

ワンクリックで申請者間での経費精算書、領収書の受け渡しが可能。スマートフォンでの申請で、いつでもどこでも、一瞬で申請を回すことができます。

02. 領収書の整理・保管を自動化

工事ごと、取引先ごとなどに自動で分類。一般経費・現場経費といった振り分けが可能で、領収書の整理にかかる手間や時間がなくなります。

03. 経費精算情報の入力の自動化

柔軟なカスタマイズで原価管理・会計システムのデータをCSVで連携。精算データの入力作業にかかる手間や時間がなくなります。

の特長

請求書、発注と合わせてご利用いただくことで、サービス同士が連携されてより使いやすく。

アカウントデータや、工事データといったデータは全て自動で連携されます。

サービス間の切り替えも一瞬で行うことができます。Digital Billderシリーズで、複数業務の電子化をスムーズに。

多数の原価管理・
会計システムとの
連携が可能

CSV連携やRPAを用いて、原価管理・会計システムへの領収書情報の入力を自動化。

建設業向けに特化し、建設業界の経費精算業務にフィット

現場経費、一般経費で分けて申請することができます。複数工事申請や、現場経費、一般経費を一枚の領収書で一気に申請することもできます。

現場ごとの集計や、現場ごとの承認、検索が可能。

建設業向け請求書処理業務サービス「Digital Billder請求書」と建設業向け発注処理サービス「Digital Billder発注」の2つが、Digital Billderシリーズにございます。

建設業の発注業務、請求書処理業務、経費精算業務、これら全てがDigital Billderシリーズで完結いたします。

digitalbillder_リリース予定.png

「請求書」と
「発注」サービスも。

bottom of page